モンペ作りました。

蝉時雨をシャワーのように浴びながら夏本番の日々を暮らしております。

やはり、こんな季節はモンペかなと思い 男の浴衣で作りました。

以前もこの浴衣で、同じようなモンペを作り(昨年だったかな?)お店で販売しました。

販売したものは裾の切り替えに10センチ位のタックが入っているデザインでしたが、

好評ですぐ売れてしまいました。

モンペは夏になると度々作り販売いたしましたが、

いつも人気がありました。

買われたお客様がモンペを上手に着こなしている姿を見たときは

嬉しい限りでした。モンペには、そのような夏の思い出があります。

今回はお客様ではなく母に作りました。

チュニック制作致しました。

今年の梅雨は早く訪れ、何か季節に合うものを作りたくなりました。

絞りの羽織があり、チュニックを作ってみました。

シルクの絞りの布は価値観も高く存在感もあり、形はシンプルでも中分素敵なものが出来上がりました。布の力に脱帽いたします。

衣替え

 今年の桜は早く、今は見事な葉桜になっておりますが、衣替えの季節になりましたね。

そのせいか、冬物のリホームの連絡がお客様から入ります。

セーター、ジャケット、コートなど、来冬のため仕舞う前に修理をする。

服に対する愛着と物を粗末にしない精神が伺えます。

そのような心を持っている方は、自分を大切にしている、心豊かな方だろうと察します。

私は、使い捨てや、着た服を手入れせずゴミにしてしまう行為に、心が痛みます。

その服の使命が亡くなるまで使うべきだと、又は、何かの形で再利用するべきだと思います。 

消費が多ければ、それだけ環境破壊にも繋がることなので、使い捨て精神は歓迎されません。

 衣替えで、もう一度服を見直してみてはいかがでしょうか。

吉田家住宅訪問

 先日、一年ぶりに吉田家住宅を訪問いたしました。

吉田家住宅は、埼玉県比企郡小川町にあり重要文化財になっている古民家です。

江戸時代の建物で藁屋根で囲炉裏には一日中火が燃えています。

中では、お蕎麦うどん団子コーヒーなど軽食ができ、地元の野菜や作家の作品の販売展示など

一日中楽しめ居心地の良い所です。

そして、ご主人と奥様ご夫婦がとても気さくな方で

居心地の良さは吉田様の心配りにあるのではないかと思います。

 私は、ご縁があり、以前展示ををさせて頂き、今は、小物雑貨を置かせて頂いております。

桜も咲く季節となり、ぜひ、吉田家住宅に足を延ばしてください。

立春によせて

一月もあっという間に過ぎてしまいました。

移転の荷物もかたずけながらという日々でした。

和服リメイクの仕事とは関係ありませんが、私は趣味でガーデニングをしております。

ここ10年ぐらいは、お店の休日は山梨の里山に出かけ、樹木や植物と語り合ってきました。

今まではお店という拘束がありましたが、今は、それがなくなり自由に出かけております。

1月はガーデニングの季節ではありませんが、雪の上のいろいろな動物の足跡を観察しました。これは、ウサギかな、これは鹿だな、この大きな足跡は??などど、楽しく創造して雪道を散歩してます。

2月は、そろそろ、布を触りたくなりました。

もう、立春ですからね。新しいものが芽生える季節です。